痛くない親知らず抜歯

親知らずは「必ず抜いたほうが良い」とは限りません!

親知らず

永久歯の中で最後に生えてくる親知らずは、不要な歯なのですぐに抜いたほうが良い。以前の歯科治療ではそのように考えられていました。しかし、最近はできるだけ残すことがすすめられています。もし、親知らずを抜きたいと考えているのであれば、少し待ってください。ここで、親知らずに関する当院の考え方をご説明します。

リサイクルできる親知らず(親知らずの移植、再生療法)

親知らずの移植

親知らずがまっすぐ正常に生えている場合は、基本的に抜く必要はありません。別の歯を虫歯や歯周病で抜歯する際に、親知らずを移植することができるからです。歯の形や条件によって移植できないこともありますが、何も問題が起きていない親知らずを急いで抜く必要はありません。

親知らずを抜いた方が良い場合はどんなとき?

別の場所に移植できる場合があるとはいえ、他の歯に悪影響を及ぼしている親知らずは抜いた方が良いです。例えば、次のようなケースでは、親知らずを放置していることで歯並びが悪くなったり他の歯が虫歯になったりする可能性があります。

  • 親知らずが歯ぐきから出ておらず、中で炎症を起こして痛みがひどいとき
  • 歯ぐきから出ているものの、うまく歯磨きができずに虫歯リスクが高いとき
  • 隣の歯を押しており、歯並びが悪くなるおそれがあるとき
  • 生え方が悪くて咬み合わせに問題が出ているとき

親知らずを抜くときは、痛いのか?いいえ、痛くないんです!

親知らず抜歯

虫歯になっていない健康な親知らずを抜くのはとても痛いだろうと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、親知らずに限らず歯を抜くときには麻酔注射をしているので、抜くときに痛みを感じることはほとんどありません。

ただし、抜き終わったあと、麻酔が切れてから痛みが襲ってくる場合があります。その痛みを抑えるために当院が行っている2つの対策をご紹介します。

抜歯にかける時間を最小限にする

抜歯時間と痛み抜歯の際は麻酔のおかげで痛くありませんが、麻酔が切れた後の痛みが問題です。少しずつやわらぎますが、痛みが強い場合は処方された痛み止めを服用することで、痛みを抑えることができます。

実は、治療後の痛みと治療にかかった時間は関係しており、早く抜歯できればその後の痛みも早く良くなると言われています。

当院では、親知らずの抜歯経験の豊かな歯科医師が抜歯を担当することで、患者さまの痛みをできる限りやわらげます。

ドライソケットを回避する

親知らずとドライソケット抜歯した部分にはぽっかりと穴が開いていますが、血がたまることによって患部に直接空気が触れないように保護してくれます。しかし、場合によっては血がたまらずに患部が露出してしまうことがあるのです。それがドライソケットです。

この状態を放置していると、食べかすや雑菌が穴に入り込んで炎症を引き起こす危険があります。痛みが強く出てしまうので、当院ではドライソケットになりそうな方を予測し、血液凝固剤などの対策を行っております。

親知らずの抜歯が小顔にしてくれる?

親知らずと顎の大きさ

親知らずは歯並びの一番端に位置しているので、抜歯することで顔が一回り小さくなるのではと期待する人もいるようです。しかし、多少の変化はあるものの、思ったほどの成果を得ることはありません。しかも、抜歯直後は顔が腫れているのでむしろ顔が大きく感じることもあります。

親知らずの抜歯による小顔効果は、美容歯科を扱う歯科医院で積極的に行っているところもあるようです。歯科医師による見解にもかなりの違いが生じている分野なので、どうしても小顔にしたいという悩みがあれば、推奨している歯科医院にて詳しい話を聞いてみるのも良いかもしれません。

大津ヶ丘で親知らずの抜歯をお考えなら大津ヶ丘歯科クリニック

親知らず

親知らずは必ず抜いたほうが良いわけではなく、必ず抜かないほうが良いわけでもありません。症状によって変わるので、間違った決定をしたくないと思われるに違いありません。また、抜歯する場合は痛みをできるだけ抑えたいはずです。大津ヶ丘で親知らずの抜歯をお考えであれば、ぜひ大津ヶ丘歯科クリニックへご相談ください。