無痛治療

歯医者嫌いのあなたへー当院は痛みを抑えることがモットーです

無痛治療

歯科医院に通うのが嫌という人は多いですが、それは痛いから、もしくは怖いからではありませんか?

大津ヶ丘歯科クリニックは、歯科治療が苦手という人にも安心して通っていただきたく、痛みの少ない「無痛治療」に取り組んでいます。痛みをゼロにすることはできませんが、限りなく痛みを感じにくくすることは可能です。一体どうして痛くないのか、説明させてください。

「大津ヶ丘歯科クリニック式 歯科治療」のご紹介

「痛くない」を叶えるための4つの方法

大津ヶ丘歯科クリニックでは、歯科治療で感じる痛みを少なくするために、次の4つの取り組みを行っています。

sample

  • ①表面麻酔を使う

    ①表面麻酔を使う歯を削るときに行う麻酔注射は痛いので嫌という人は多いものです。口の中に針を刺すので痛いのは当然ですが、表面麻酔を塗っておくと、ほとんど痛みを感じなくなります。

  • ②超極細(33G)麻酔針を使う

    ②超極細(33G)麻酔針を使う針の太さが太いほど痛くなるのは当然のことです。当院では、注射針としては最も細い33Gという針を使っています。表面麻酔と併用することで痛みをさらに感じにくくできます。

  • ③注射の仕方にこだわる

    ③注射の仕方にこだわる注射の仕方によっても痛みの出方が変わります。当院では、針に粘膜を持って行くという感覚で注射します。これが、痛みを感じにくくするためのコツなのです。

  • ④拡大鏡を使った治療

    ④拡大鏡を使った治療当院では拡大鏡を使用します。この装置を使うと肉眼の数倍に拡大して治療する部分を見ることができ、余計な部分を削らないので、痛みをやわらげることができるのです。これは、低侵襲治療と呼ばれています。

痛みの少ない歯科治療をお探しの方は、ご相談ください

痛みの少ない歯科治療

大津ヶ丘歯科クリニックでは、歯科治療を行うときに痛みをおさえることを心がけています。治療を受けた後に、「こんなに痛くないのであればもっと早く来ればよかった」と言われる患者さまも多いです。早期発見・治療が最高の無痛治療ですから、できるだけ早く受診されることをおすすめします。