入れ歯・義歯

当院の入れ歯治療が喜ばれている理由

入れ歯

大津ヶ丘歯科クリニックでは、開院依頼、入れ歯に関する多くのご相談をいただいております。なぜ、当院の入れ歯が多くの患者さまに喜んでいただけるのでしょうか。それは、常に最新の素材や技術を取り入れたり、入れ歯の機能性を高める次のような取り組みを行っているからです。

理由1 臭いのない、頑丈な最新入れ歯素材で作ります

イボベースシステム

入れ歯の臭いが気になるという方に朗報です。最近、イボベースと呼ばれる最新の入れ歯の素材が出てきました。当院ではそれをいち早く取り入れ、患者様にご提供しております。イボベースで製作した入れ歯は、入れ歯自体の臭いがなく、また、長期で使用しても臭いがつきづらく、頑丈なので落下しても壊れにくくなっております。見た目にも優れ、感動の入れ歯素材です。

理由2 入れ歯に関する幅広い選択肢をご提案

入れ歯の種類

「痛い」「すぐに外れてしまう」「見た目が良くない」。入れ歯に関する悩みというのは人それぞれ違います。こうした不満の原因は、入れ歯に使われている素材にある場合が少なくありません。なぜなら、保険が適用される入れ歯治療で使える素材は限られているからです。当院では、保険適用の素材だけでなく、患者さまのさまざまな要望に応えられる素材を用意しています。

  • 違和感の少ない「スマイルデンチャー」

    スマイルデンチャー入れ歯は一般的に、しっかりと固定するために金属製のバネが使用されています。このバネが、見た目を悪くしてしまっているのです。スマイルデンチャーは、バ ネの代わりに歯ぐきの色に近い樹脂を使っています。目立ちにくいので違和感が少なく、自然と笑顔(スマイル)がこぼれます。

  • グッと咬める「磁性マグネット義歯」

    磁性マグネット義歯磁石を使うことで、口にしっかりとフィットするようにできている入れ歯です。お口の一部分に医療用マグネットを埋め込み、入れ歯のマグネットと密着するよう にできています。しっかりと固定されるので、食べるときにも外れにくいのが特徴ですが、マグネットなので取り外しも簡単です。

  • 強くて壊れにくい「金属床」

    金属床入れ歯の床(しょう)と呼ばれる部分に、チタンやコバルトクロムといった金属素材を使っています。とても頑丈で、咬む力が強い人であっても壊れにくいという特徴があります。さらに、金属は熱を伝えやすい素材なので、料理の温度を感じやすくなるというメリットもあります。食事を十分に楽しむことが可能です。

  • 保険の部分入れ歯でも金属バーを使用

    保険の部分入れ歯でも金属バーを使用通常、保険の入れ歯は、最低限の働きしかしない素材で作られます。部分入れ歯の場合、床(しょう)の部分はレジンという歯科プラスチックで製作されます。これは壊れやすく、適合も悪いですが、当院ではこれを金属で作っています。利益が少なくてもいいので、保険でも良質な入れ歯をご提供したいのです。

理由3 高い技術を持つ専門歯科技工士と連携

歯科技工士

入れ歯を作るときに、患者さまのお口の中をチェックするのは歯科医師ですが、情報を元にして入れ歯を製作するのは歯科技工士と呼ばれるプロフェッショナルです。入れ歯や他の補綴物(ほてつぶつ)の製作には、専門的な知識と技術が必要です。患者さまのお口にあった入れ歯を作るためには、優れた歯科技工士が必ず必要になります。

当院では、歯科技工所を併設し、自社保有しているので、実際に患者様のお口を見たり色合わせなどに技工士も同席します。それにより、より精度の高い入れ歯を作ることができます。

  • 歯科技工士技工士と歯科医師がゴールに向かって密に連携します。

  • 歯科技工士微妙な色の変化や0.1mmの誤差にこだわって製作しています。

  • 歯科技工士毎日が真剣勝負。魂込めて技工物をお作りします。

歯科技工士 安田正博 -Masahiro Yasuda-

staff06

はじめまして、当院に併設されている院内技工所(有限会社ワイデント)の社長兼、歯科技工士をしております、安田です。歯科技工に従事して40年、患者様の笑顔を楽しみに培ってきた技工技術を最大限に活用し、義歯(入れ歯)、セラミックの歯を作製してきました。

現在は、コンピューターのテクノロジーと技工力を駆使して日々向上を目指しております。よく咬めて審美的で強固な補綴物の製作、そして若い技工士の育成強化にも努めております。

歯科技工士インタビュー動画

経歴

1977年03月 日本歯科大学付属歯科専門学校 卒業
1979年06月 国際デンタルアカデミー 修了 最優秀賞受賞
1988年03月 アーチフェーシャルオクルージョンセオリーアドバンスコース「よく咬める義歯」修了
1994年04月 スタディーグループ「つむぎの会」会員
1996年10月 千葉県技工士会で「デンチャーの逆ファセットについて」発表
2012年06月 Dr.とテクニシャンによる「よく咬めるコラボデンチャー」セミナー企画

理由4 製作工程に十分な時間を充てる

義歯

使っている入れ歯に不満が出てしまうのは、口のさまざまな動きを考慮して作られていないからです。口は、食事・会話・呼吸などさまざまな働きをしますが、それぞれの働きで形が変化します。保険適用の入れ歯では、一定のポーズでしか型取りを行わず、その型に基づいて入れ歯を作ります。それで、さまざまな口の動きによって痛みが出てしまうのです。

  • ティシュコンディショニング

    ティシュコンディショニング

    入れ歯の圧力によって、口腔内に傷ができてしまったとき、医療用の調整剤を使って組織へのダメージを減らし、痛みをやわらげることができます。

  • 個人トレーの製作

    個人トレーの製作個人トレーを使うことで、口や舌の動き、咬みぐせなどの情報を細かく収集することができます。使用感に優れた入れ歯製作には、個人トレーが不可欠です。

  • シリコン印象材を使って型取り

    シリコン印象材を使って型取り歯型を取るときには、印象材というものを使います。当院では最も正確な型取りができるシリコン素材を使っています。

  • 咬み合わせの調整

    咬み合わせの調整歯を咬むときだけでなく、会話をするときにも正しい咬み合わせになるように調整することで、お食事だけでなく会話もしやすい入れ歯にします。

柏で入れ歯の作成や調整を検討しておられる方へ無料相談実施中

入れ歯

大津ヶ丘歯科クリニックは、これまで入れ歯の製作・咬み合わせの調整に携わり、使いやすい入れ歯にこだわってきました。当院は、患者さまにご満足いただける入れ歯を提供できる自信を持っています。柏市大津ヶ丘で入れ歯の作成・調整をご検討の方は、無料相談を実施中ですので、ぜひお気軽にご相談ください。