歯科技工所併設

院内ラボ(院内技工所を併設)を保有しております

歯科技工所

大津ヶ丘歯科クリニックには歯科技工所が併設されています。歯科技工所の所長は当院院長の父が勤めております。最近では歯科技工所が併設されている歯科医院がテレビで取り上げられたせいか、興味をお持ちの方も増えて参りましたので、当院の技工所をご紹介させていただきます。

歯科技工所ってなに?

歯科技工所よく勘違いされることなのですが、歯型をとったあとに、その型に合うようにつめ物や被せ物、入れ歯を作りますが、これらは歯科医師が作ってはいません。

歯科医師が行うのは、実は型取りまで。つめ物や被せ物、入れ歯などを総称して「技工物」と呼びますが、この技工物を製作するのは専門の職人である「歯科技工士」と呼ばれる人たちです。歯科技工所とは、その歯科技工士さん達が働く工場(ラボ)のようなところです。

一般的には、型を外部の提携している歯科技工所に郵送して、それを基に技工士が製作したものを再度歯科医院へ郵送するという流れでやりとりを行っています。

なぜ歯科技工所を自社で保有し、併設しているのか?

歯科技工所

上記にも書きましたが、一般的な歯科医院では自社で技工所は保有しておらず、外部の歯科技工所と提携している形がほとんどです。ではなぜ、大津ヶ丘歯科クリニックでは技工所を保有し、クリニックの横に併設しているのか?それは患者様にとって大きなメリットがあるからにほかなりません。

歯科技工所を併設しているメリット

  • 技工士が実際に型をとるところから、患者様のお口を直に見ることができる。
  • 自分(患者様自身)の技工物を製作する技工士を知ることができる。
  • 直に患者様と歯科技工所がディスカッションすることできる。
  • 歯科医師と歯科技工士の連携が密に行えることで精度や各々の技術、知識が向上する。
  • 自社保有なので、余計な利益をのせずに患者様へ低価格にて技工物をご提供することができる。

歯科技工士 安田正博 -Masahiro Yasuda-

staff06

はじめまして、当院に併設されている院内技工所(有限会社ワイデント)の社長兼、歯科技工士をしております、安田です。歯科技工に従事して40年、患者様の笑顔を楽しみに培ってきた技工技術を最大限に活用し、義歯(入れ歯)、セラミックの歯を作製してきました。

現在は、コンピューターのテクノロジーと技工力を駆使して日々向上を目指しております。よく咬めて審美的で強固な補綴物の製作、そして若い技工士の育成強化にも努めております。

歯科技工士インタビュー動画

経歴

1977年03月 日本歯科大学付属歯科専門学校 卒業
1979年06月 国際デンタルアカデミー 修了 最優秀賞受賞
1988年03月 アーチフェーシャルオクルージョンセオリーアドバンスコース「よく咬める義歯」修了
1994年04月 スタディーグループ「つむぎの会」会員
1996年10月 千葉県技工士会で「デンチャーの逆ファセットについて」発表
2012年06月 Dr.とテクニシャンによる「よく咬めるコラボデンチャー」セミナー企画

わたしの魂の作品を、ぜひ楽しみになさっていてください

歯科技工士

私は、小さなつめ物でも、総義歯でも1つ1つ丁寧に作ることはもちろん、魂を込めて製作しております。私の製作した技工物が一生患者様のお口の中に生き続け、しっかり機能し、患者様に笑顔と幸福をもたらすことを願ってやみません。どうぞ、安心して私にお任せ下さい。貴方様にお会いできることを楽しみにしております。